鏡開きはいつ?2019年は関東と関西では違う!?

鏡餅

新年を迎えてお正月
おせち料理を食べて心もウキウキと実に楽しいですよね。

さて1月は伝統行事がいろいろありますが、鏡開きもそのうちの一つ。

日本全国で行われているメジャーなイベントですね。

ところで、鏡開きはいつ行うのが正しいのか知っていますか?
知らないと恥をかくという訳ではありませんが、
どうせなら正しい日に鏡開きをしたほうが縁起が良さそうですよね。

スポンサードリンク

2019年の鏡開きはいつ?

2019年鏡開きいつ行うものなのでしょうか?
実は

ポイント
地方によって違う。

というのが答えなんです。

そもそも鏡開きというのは、鏡餅を下ろして雑煮汁粉にして食べる行事のこと。

お正月のあいだ飾っていた鏡餅を下げるタイミングはいつなのか?
というのが地方によって違うんですね。

お汁粉

全国各地の鏡開きの日程はこのようになっています。

鏡開きの日程
  • 京都:1月4日
  • 関西(京都以外):1月20日
  • それ以外の全国:1月11日

つまり関西以外の地域(関東、北海道、九州など)はみんな1月11日
関西地方だけちょっと早い、と考えておけばいいですね。

なお、この日程は2019年に限らず毎年同じです。

鏡餅

ここで、もしかしたら関西の人の中には

関西の人
えっ?鏡開きは1月15日って思ってたけど?

と疑問に思う人もいるかもしれません。

そのような人は、おそらく「松の内」と混同してしまっているのだと思われます。

松の内とは
松の内というのはお正月の松飾りをしておく期間内のことです。

鏡餅も、松の内のあいだは飾っておいて、
下ろしたりしないのがしきたりになっています。

松飾り

関東と関西で鏡開きの日が違う理由

もともと松の内とは1月15日までを指していました。
1月15日を過ぎると門松などの松飾りを片付けます。
鏡餅を下ろすのもこのタイミングです。

そして1月20日鏡開きをして鏡餅を食べるというのが、そもそものスケジュールでした。

ところが三代将軍・徳川家光が4月20日に亡くなってしまいます。
それで月命日である20日は、忌日(きじつ・いみび)ということに。

家光将軍の月命日に鏡開きをするのは不謹慎である!

との理由から

日程が変更に…
  • 松の内は1月7日まで
  • 鏡開きは1月11日に行う

と変更されたわけです。

この日程変更は日本中に通達されて、
全国的に鏡開きは1月11日に行うことが定着したと言われています。

ところがどういうわけか、関西地方にはこのお知らせが届かなかったらしいのです。
だから関西地方では、今でも元々の日程である1月20日に鏡開きをやっているというわけ。

スポンサードリンク
鏡開きは徳川家光から?
実は鏡開きの習慣は、徳川家光が広めたという説があります。

鏡開きの日を1月20日に決めたのも徳川家光とのこと。

そうであれば、徳川家光の月命日を避けるようになったのも納得できますね。

さて、ここからは私の勝手な推測なのですが…

日程変更のお知らせは、実は関西地方にもちゃんと届いていたのではないでしょうか?

しかし、そこは何と言っても関西人
太閤様(豊臣秀吉)のお膝元です。

「なんでワシらが徳川ごときの命日を避けなアカンねん!」

とか言って知らん顔したのではないでしょうか?
それで今でも昔ながらの日程で鏡開きをしているという…

あくまでも個人的な感想ですよ。
でもそう考えた方が、風情があって(?)面白いと思いません?

鏡餅

なぜ京都は1月4日な?

さて、鏡開きについて調査するにあたって最大のがあります。
それは

なぜ京都だけ1月4日なのか?

ということです。

関西1月20日なのも、それ以外は1月11日なのも、理由は一応わかりましたよね。
ところがなぜ京都だけは1月4日なのか?

その理由は…

実は明確な根拠は全くわかりませんでした。

文献を調べてみても、せいぜい

京都は独自の文化があるため、正月三が日が終わったら鏡割りをする

という程度の情報を発見するのが精一杯。

歴史の長い京都の人たちは、独自のこだわりを持つ関西の中にあって、
さらに独自のこだわりを持っていると解釈すべきですかね。

ちなみに、1月4日に鏡割りをする京都ではありますが、
松の内は他の関西地区と同じで1月15日までになります。

京都

鏡開きの由来とは

ところで、そもそも鏡餅は何のために飾るのか知っていますか?

鏡餅は、毎年正月に各家にやってくる来方神である「歳神(としがみ)様」へのお供え物なんです。
歳神様の依り代(よりしろ)となって、歳神様のが宿ると信じられていました。

その鏡餅を食べることで歳神様のを授けてもらって、
新しい年の無病息災を願うという意味が鏡開きに込められているわけです。

なお「鏡餅」という呼び名は、その丸い形が昔の(銅鏡)に似ていることから名付けられました。

鏡開きと鏡割りの違いは?

鏡割り」という言葉を聞いたことがあるかと思います。
鏡割り」と「鏡開き」の違いってわかりますか?

実はどちらも同じ意味なんです。

もともとは「鏡割り」という言葉で使われていました。

鏡餅

鏡割りは徳川家光発祥と言われているように、武士が始めた行事。
当時は刃物で切ったりするのは、「切腹」を連想させるので縁起が悪いという発想があったんです。

だから鏡餅は木槌などで叩いて割って、小さく分けるというのが慣わしになりました。
鏡餅を割るから「鏡割り」というわけです。

ところがさらに後の時代。
この「割る」という言葉が

正月そうそう縁起が悪いんじゃないか?

という声が聞かれるようになってきたんです。

それで、何ともおめでたそうな「開く」という言葉を使うことにしたそうな。
これが「鏡開き」という言葉の由来なんですね。

いかにもお正月らしい、とことん縁起にこだわった言葉というわけ。

お酒の鏡開き

ところで、お酒の樽を割るときにも、鏡開きという言葉を使いますね。
新年会や結婚式など、おめでたい場面で「よいしょーっ!」と言いながらやるアレです。

こちらは鏡餅とは直接は関係ありません

樽酒の上蓋のことをと呼びます。
だから、樽酒の上蓋を割ることを「鏡割り」というわけです。

で、鏡餅と同じ理由で「割る」のは縁起悪いからということで、
お酒の場合も「鏡開き」という言葉に落ち着いたんですね。

鏡開き

まとめ

鏡開きはいつやるのか、地方によって3つに分かれます。

  • 京都:1月4日
  • 関西(京都以外):1月20日
  • それ以外の全国:1月11日

美味しいお餅を食べて、歳神様のパワーをもらって、よい一年を迎えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です