松飾りはいつからいつまで?意味や処分方法を知らないと大恥!

松飾り

お正月に玄関先にかざる松飾り
今では飾らないお家も多いかもしれません。

でもせっかくのおめでたいお正月です。
大きくなくてもいいので、松飾りを飾って新年を祝いたいものです。

でも、松飾りっていつからいつまで飾るのか知ってますか?
縁起物なので飾る日を間違えると、大恥をかいてしまうかもしれませんよ。

スポンサードリンク

松飾りはいつからいつまで飾るの?

松飾りいつからいつまで飾るのが正解なのでしょうか。

それは

松飾りを飾る期間
  • 12月28日までに飾り付けをして
  • 1月7日まで飾る

というのが一般的です。

もともとは12月13日以降に松飾りを飾ることになっていたようです。
しかし今ではクリスマスで飾り付けをすることが多いですよね。

クリスマスとお正月の松飾りを同時に飾るのはいかがなものか?

という理由で、最近ではクリスマス以降に松飾りを飾り始めるようになったわけです。

松飾り

なお、12月29日12月31日に松飾りの飾り付けをしてはいけません。

  • 12月29日は「二重苦」また月末の9日で「苦が待つ」と縁起が悪い日だから
  • 12月31日は大晦日で「一夜飾り」で年神様に対して失礼だから

という理由です。

そんなわけで松飾りは、12月26日から12月28日までに飾り付けをします。
万一、遅れてしまった場合は、12月30日ならセーフということです。

松飾りの飾り付けをする日
12月26日〜12月28日、12月30日
門松作り:藁の編み方(編み始め)

さて先ほど、いつまで飾るかということについて「1月7日まで飾る」とご紹介しました。

もう少し正確に言うと、

ポイント
松の内のあいだ飾る

という言い方が、より正しい表現になります。

というのは、松の内の期間が地域によって異なるからです。
(松の内というのは、松飾りを飾っておく期間のことです)

松の内の期間は地域によって以下のように異なります。

松の内の期間
  • 京都:1月3日まで
  • 京都以外の関西:1月15日まで
  • 関西以外:1月7日まで

松の内の期間が違う理由はこちら(↓)の記事をどうぞ

鏡餅

鏡開きはいつ?2019年は関東と関西では違う!?

2018年9月18日

つまり松飾りはいつ外すかというと、
東京では1月7日大阪では1月15日京都では1月3日というのが正確な日にちになるわけです。

地域によって松飾りを片付ける日違うというのは、ややこしいですね。
転勤などで引越したときに、松の内の期間を間違えないように注意が必要ですね。

スポンサードリンク

松飾りの意味は?

そもそもお正月になぜ松飾りを飾るのでしょうか?
松飾りの意味を調べて見ました。

松飾りとは

松飾りとは、正月に門口に立てる松のことで、一本あるいは一対で飾ります。
枯れないので縁起が良いということから、が使われるようになったようです。

松飾りは、正月の神様である歳神(としがみ)様を迎える依り代(よりしろ)の一種です。
鏡餅なども、歳神様を迎える依り代の役目になりますね。

松飾りは、年末近くの山へ行ってとってきた松の木の部分を使用します。
地方によっては、ワラで作った食器状のものを結んだり、食べ物を供えるところもあるようです。

また、松ではなく、なら、つばき、しきみ、とち、竹、杉などを利用する地方もあるんです。
松飾りは、飾る日程や飾り方など、地方色が濃く出る文化であることがわかります。

こちらの関連記事をご覧ください。
七草粥は2019年はいつ食べる?栄養はある?
松飾り

松飾りと門松の違いは?

門松」という言葉がありますね。
松飾りと門松の違いはなんでしょうか?

実は松飾り門松は同じ意味なんです。

デジタル大辞泉には以下のように解説されています。

まつ‐かざり【松飾り】
正月に家の門口に飾り立てる松。かどまつ。

出典:デジタル大辞泉

松飾り

松飾りのかぞえうたの歌詞

かぞえうた」というわらべ歌で、松飾りのことが歌われています。
歌詞の一部をご紹介します。

一つとや

一夜明くれば 賑やかで 賑やかで

お飾り立てたり 松飾り 松飾り

江戸時代から江戸の町に伝わるわらべうたということです。
なんとも風流ですね。

こちらの動画の音楽と一緒に歌ってみてくださいね。

かぞえうた ひとつとや

松飾りの処分方法は?

せっかく飾った松飾り、もったいないから処分はしたくないかもしれません。
最近では次の年も使い回すという人も多いようです。

でも本来は、松の内を過ぎた松飾りは処分するものなのです。
松飾りの正しい処分の方法は

松飾りの処分方法
どんど焼きで焚き上げてもらう

というものです。

どんど焼き

どんど焼きとは?

どんど焼きとは、小正月(1月15日)に行われる行事です。
正月の松飾りしめ縄書き初め、昨年使ったお守り破魔矢などを持ち寄って、一箇所に積み上げて焚き上げます。

お正月にお迎えした歳神様を、浄化の炎と一緒に天へお見送りするという火祭りの儀式です。
新しい年の無病息災五穀豊穣などの願いが込められています。

大迫力のどんど焼き

どんど焼きをやっていない場合は?

地域によってはどんど焼きを行なっていない場合もありますよね。
そのような場合は

どんど焼きを行なっていない場合の処分方法
  • 神社やお寺に持って行く
  • 自治体に確認して、ゴミとして処分してもらう

という処分方法でもよいようです。

まとめ

松飾り

松飾りを飾る期間
  • 12月28日までに飾り付けをして
  • 1月7日まで飾る

というのが一般的な飾り方です。

ただし関西地方では、片付ける日にちが違う点には注意しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です