ラジオ体操は何分間かかる?計ってみたら驚愕の事実が判明!

ラジオ体操

アラフォーにもなると、体のいろいろな部分にガタがきているのを実感します。
あまりにも運動不足なのを自覚しているので、さいきんマジで健康に危機感を感じています。

20代の頃に比べると、体重は絶賛15kg増量中!
お腹まわりの充実した肉付き感がハンパなくなってきたし。
肩と背中のコリが尋常ではないし。

最後に運動らしい運動をやってのって、いつだったか?
少なくとも10年以上は体を動かしていない自信あり!

さすがにこれはよくないだろう、とは私もずっと思っているんですよ。
そんなわけで昨日、ラジオをつけ、ラジオ体操をやってみたわけです。

すると今朝、起きると筋肉痛が・・・!?
足の裏側の筋が特に痛い。

ラジオ体操で筋肉痛になるって、どんだけ運動不足だよって話ですが。

そんなことより、数十年ぶりにラジオを聴きながらラジオ体操をやってみると、驚きの事実が判明したのです。
ラジオ体操が何分かかるのか、ちょっと新鮮な発見だったのでシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

ラジオ体操第1と第2は何分間かかる?

そもそもラジオ体操は何分間かかるのか知ってますか?
これは、ズバリ結論から言うと

ラジオ体操は何分間かかるか
  • ラジオ体操第1:約3分13秒
  • ラジオ体操第2:約3分10秒

です。

第1と第2の所要時間がほとんど同じというのが、結構驚きです。
同じ長さになるように、曲と体操内容がうまく作られているのがわかりますね。

ラジオ体操第1と第2の動画は、YotubeのNHK公式チャンネルで公開されています。

NHKの公式動画

ラジオ体操第1

ラジオ体操第2

つまり、ラジオ体操第1と第2を続けてやると

第1と第2を続けてやると
6分23秒

かかるということになります。

しかーし!

ここで重要な注意点があるのです。

実際にラジオ放送を聴きながらラジオ体操をやる場合は、6分23秒以上の時間が必要になるということ。

その理由は「首の運動」の存在です。

首の運動を知っていますか?

ラジオ体操第1と第2の間に、「首の運動」というのがあるのを知っていますか?

私の子供の頃の夏休みの早朝のラジオ体操では、第1が終わるとすぐに第2の音楽が始まったように記憶しています
耳に染みついている記憶なので、かなり自信があります。

しかし昨日ラジオ放送を聴きながらラジオ体操をやってみると、第1と第2のあいだに「首の運動」という新しい体操が挟み込まれていたのです。

現在のラジオ体操の流れ
ラジオ体操第1
  ↓
首の運動
  ↓
ラジオ体操第2

首の運動の内容

NHKの公式な動画がないのでお見せできないのですが、首の運動というのは以下のような内容です。
朝の放送と昼の放送では、運動の内容が若干ことなります。

首の運動の内容をご紹介しますね。

首の運動
朝の放送:

  1. 首を前後に曲げる
  2. 首を左右に曲げる
  3. 首を左右にねじる
  4. 首を回す

昼の放送:

  1. 首を前後に曲げる
  2. 首を左右に曲げる
  3. 首を左右にねじる
  4. 首を回す
  5. 肩を引き上げ、ストンと落とす

ご覧のように、昼の放送では「肩の運動」が追加されていることがわかります。
なお、昼の放送は、1〜4が終わったところでいちど音楽が終わり、5だけ別の短い音楽が流れます。

おそらく仕事でパソコン作業をする人が急激に増え、肩こり対策のために追加されたのではないでしょうか。

肩こり

首の運動は何分間かかるか

ではこの首の運動は何分間かかるのでしょうか。
ストップウォッチ片手に計測してみました。
すると

首の運動は何分間かかるか
  • 首の運動 1〜4 :約57秒
  • 首の運動 5:約21秒

でした。

つまり首の運動全体としては、

首の運動を続けてやると
  • 朝の放送:約57秒
  • 昼の放送:約1分18秒

ということになります。

ラジオ体操第1と首の運動と第2を続けてやると

お話ししたとおり、首の運動はラジオ体操第1と第2のあいだにあります。
つまり、ラジオ放送を聴きながらラジオ第1と第2を続けてやろうと思ったら、どうしても首の運動もやらなければならないのです。

また、第1、首の運動、第2のあいだには、それぞれ体操指導者による説明かけ声があります。
私が昨日聴いたときには、

ラジオ体操第1と首の運動のあいだ
そのよい姿勢のまま、足を開いて両手を腰の横にとりましょう。

首の運動です。

前後に曲げる運動から、ハイッ!

首の運動とラジオ体操第2のあいだ
もう一度、背筋を伸ばしたよい姿勢をおとりください。

ラジオ体操第2!

という説明とかけ声が、音楽と音楽のあいだにありました。
これらの説明とかけ声も、かならず聴かなければなりません

だから、現在のラジオ体操の流れを詳しく書くならば、以下のようになります。

現在のラジオ体操の流れ
ラジオ体操第1
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
首の運動
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第2

というわけで、

ラジオ体操第1の音楽開始からはじめて、体操指導者の説明とかけ声および首の運動をはさみ、ラジオ体操第2が終了するまで何分間かかるのか、というと

朝の放送では約7分26秒、昼の放送では約7分44秒でした。

昼の放送は、首の運動に約21秒の「肩を上下にゆする」運動が追加されているはずなのに、朝の放送と昼の放送の差が約18秒しかないのがおもしろいですね。
体操指導者が少し早口でしゃべることで、昼の放送では微妙な時間調子をしていることがわかります。

したがって、ラジオ体操第1開始から第2終了までにかかる時間は

ラジオ体操第1開始から第2終了までにかかる時間
朝の放送:約7分26秒

昼の放送:約7分44秒

というのが正解です。

と言いたいところなのですが、、、

これで終わりではないんです。

ラジオ体操

ラジオ体操には準備体操があった

実は昨日のラジオでは、ラジオ体操第1の前に準備体操のようなものが追加されていたんです。
この体操には名前はついていないので、ここでは仮に「準備体操」と呼ぶことにします。

つまり現在のラジオ体操の流れはこのようになっているわけです。

現在のラジオ体操の流れ
準備体操
  ↓
ラジオ体操第1
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
首の運動
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第2

残念ながら準備体操の動画も、NHK公式のものは公開されていないようです。
言葉で説明するしかないので、ご了承ください。
現在ラジオで放送されている準備体操の内容は以下のようなものでした。

準備体操の内容
朝の放送:

  1. お尻で円を描くように腰を回す
  2. かかとを上げたり降ろしたりする運動

昼の放送:

  1. 体を前に曲げながら足をたたいてほぐす
  2. アキレス腱をのばす
  3. 肩を上下にゆすってほぐす

各運動のそれぞれが、体操指導者の説明のあとに短い音楽が流れる形になっています。

昼の放送ではアキレス腱をのばす運動があるのは納得できますね。
そういえば学生時代に体育とかでラジオ体操をやったとき、アキレス腱を伸ばす運動を自分たちで追加してやっていたような気がします。
NHKさんも必要だと思ったんでしょうね。

興味深いのは、昼の放送では肩を上下にゆする運動が、また入っていることです。
首の運動のときにも、肩を上下にゆする運動がありましたよね。
よっぽど肩コリの人が多くて、視聴者からの要望がアツい部分だったんでしょうね。

肩こり

準備体操は何分間かかるか

この準備体操をやるには、何分間かかるか計測してみると、

準備体操は何分間かかるか
  • 朝の放送:約39秒
  • 昼の放送:約1分17秒

でした。

なお、体操指導者の説明と音楽を切り離してしまうと、体操として成立しないため、準備体操の時間計測は、体操指導者の1の体操の説明が始まる瞬間から最後の音楽が終了するまでとしました。

スポンサードリンク

準備体操から第2まで続けてやると

それでは、準備体操ラジオ体操第1首の運動ラジオ体操第2までつづけてやると何分かかるのでしょうか?

単純に数字を合計するわけにはいきません。
準備体操が終わってからラジオ体操第1の音楽が始まるまでに、やはり体操指導者の説明かけ声があるからです。

体操指導者の説明とかけ声は

背筋を伸ばしたよい姿勢をおとりください。

ラジオ体操第1!

です。

「ラジオ体操第1!」というかけ声の直後すぐに、ラジオ体操第1の音楽が始まる構成になっています。

つまり、現在のラジオ体操の流れを正しく表すと、以下のようになるわけです。

現在のラジオ体操の流れ
準備体操
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第1
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
首の運動
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第2

それではいよいよお待ちかねです。

ラジオを聴きながら、準備体操ラジオ体操第1首の運動ラジオ体操第2をやる場合、いったい何分間かかるのでしょうか?
それはズバリ

ラジオ体操を全部やると何分間かかるのか
  • 朝の放送:約8分7秒
  • 昼の放送:約9分25秒

というのが本当の正解です。

ラジオ体操

ラジオ体操の放送の構成

ついでながら、ラジオ体操の放送の構成をご紹介します。

上記でご紹介した一連の準備体操〜ラジオ体操第2の前後に、オープニングとエンディングの音楽体操指導者のあいさつがあります。

体操指導者のあいさつ

体操指導者のあいさつは、始まりと終わりにあります。

始まりのあいさつは、オープニング・テーマ曲のあとに続きます。
このあいさつは、毎日同じというわけではなく、曜日や時間帯によって異なるようです。

たとえば、以下のような感じです。

体操指導者による始まりのあいさつ
金曜日の朝の放送:

皆さん、おはようございます。

金曜日、朝の体操の時間です。

運動は継続して行うことが大切。

比較的とりいれやすい運動の、ラジオ体操からはじめましょう。

ラジオ体操の歌からです!

 

木曜日の昼の放送:

職場の皆さん、ご家庭の皆さん、こんにちは。

木曜日、体操の時間です。

心と体の緊張を体操でほぐし、体の状態を良好にたもちましょう。

また、終わりのあいさつは短く、次のような感じです。

体操指導者による終わりのあいさつ
木曜日のラジオ体操、ピアノ〇〇、体操△△でした。

それではみなさん、この後もどうぞお元気にお過ごしください。

ごきげんよう!

※ 〇〇の部分にはピアノ演奏者の名前、△△の部分には体操指導者の名前が入ります。

現在、体操指導者は3名、ピアノ演奏者は4名いるようです。
それぞれの人でどのように違いがあるのか、聞き比べてみると楽しそうですね。

ピアノ

ラジオ体操の歌は朝だけ

ちょっと残念だと思ったのは、昼の放送はラジオ体操の歌が聴けなかったことです。

朝の放送では

あ〜た〜らし〜いぃぃ あ〜さがきたぁぁぁ ♪
から始まる、そこそこの長さの歌があります。
私が子供の頃の朝のラジオ体操の放送でも流れていたので懐かしく思いました。

ところが、昼の放送では聴くことができないわけです。
ラジオ体操の歌を聴きたい場合は、早起きして朝の放送を聴くことをおすすめします。

なお、軽快なテーマ曲が、オープニングとエンディングの両方に使用されています。
このテーマ曲は、朝と昼の両方で聴くことができます。

ラジオ体操の放送の流れ

つまり、現在のラジオ体操の放送の構成を正しく書くと、以下のようになるわけです。

現在のラジオ体操の流れ
朝の放送:

オープニング・テーマ曲
  ↓
体操指導者による始まりのあいさつ
  ↓
ラジオ体操の歌
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
準備体操
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第1
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
首の運動
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第2
  ↓
体操指導者による終わりのあいさつ
  ↓
エンディング・テーマ曲

 

昼の放送:

オープニング・テーマ曲
  ↓
体操指導者による始まりのあいさつ
  ↓
準備体操
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第1
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
首の運動
  ↓
(体操指導者の説明とかけ声)
  ↓
ラジオ体操第2
  ↓
体操指導者による終わりのあいさつ
  ↓
エンディング・テーマ曲

ラジオ体操の放送時間

ラジオ体操の放送時間は次のようになっています。

ラジオ体操の放送時間
NHKラジオ第1
毎日

  • 6:30 〜 6:40

NHKラジオ第2
日曜を除く毎日

  • 8:40 〜 8:50(再放送)
  • 12:00 〜 12:00
  • 15:00 〜 15:10(再放送)

なお、NHKですのでコマーシャルはありませんから、放送時間はぴったり10分間となります。

ラジオ体操

まとめ

ラジオ体操を全てとおしてやると、何分間かかるのか?
それは

  • 朝の放送:約8分7秒
  • 昼の放送:約9分25秒

です。
そしてラジオ体操の放送時間は10分間です。

まあ、その、ですね。
私の結論としては

結論
10分間ぜんぶ聴いてりゃいいんじゃない?

と思ったわけでありました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です