お通夜はいくら包む?お香典の相場を年代別に伝授します。

お香典

不幸はいつやってくるか分かりません。
知人の身内や親戚の方の訃報をとつぜん知って、あわてたりするものです。

そんなときに、「お通夜のお香典っていくら包むんだっけ?」などとうろたえたくはないものです。
備えあれば憂いなしというわけではありませんが、知っておいて損はないでしょう。

というわけで、お通夜のお香典はいくら包むか、相場を調べてみました。

スポンサードリンク

お通夜のお香典はいくら包む?

お通夜のお香典はいくら包むのでしょうか?
厳密に決まりがあるわけではありませんが、世間一般には相場というものです。

相場の値踏みは、人それぞれ多少の違いはあるようですので、私が調査した中での平均的な額を相場としてご紹介します。

お金

なお、お香典の金額は、故人や遺族との関係の深さによって変わってきます。
さらには、包む側の年齢や社会的立場によってもいくら包むか金額の考え方が違います。

ここでは「20代〜30代」と「40代以上」に分けてお話ししていきます。
なお「40代以上」の場合は、年齢よりも社会的立場によって包む金額を考えるのがよいでしょう。

包む側の人と、故人や遺族との関係の深さごとにご紹介します。

お通夜のお香典 20代〜30代はいくら包むのが相場

まずは20代〜30代の人がお通夜に行く場合、お香典はいくら包むのが相場なのか調査しました。
最低でもこれくらいは包むのべき、という金額の相場を下表にまとめました。

故人や遺族との関係 お香典に包む金額
自分の両親 5万円
兄弟・姉妹(その配偶者) 3万円
祖父母 1万円
おじ・おば 1万円
会社の部下 1万円
仕事の取引先 5千円
会社の上司・同僚 5千円
友人 3千円
近所の人 3千円

あくまでも最低限の相場の金額ですので、ご自身の社会的立場なども考えて調整してください
ただし金額については「避けるべき数字」というのがあるので、後ほどご説明します。

お香典

お通夜のお香典 40代以上はいくら包むのが相場

それでは40代以上の人は、お香典でいくら包むのが相場なのか下表をご覧ください。

故人や遺族との関係 お香典に包む金額
自分の両親 10万円
兄弟・姉妹(その配偶者) 5万円
祖父母 3万円
おじ・おば 3万円
会社の部下 3万円
仕事の取引先 1万円
会社の上司・同僚 1万円
友人 1万円
近所の人 5千円

こちらも最低限の相場の金額になります。
40代以上になると、自分の年齢よりも社会的な立場を考えて金額を調整してください

年配の男性

お香典に包む金額で避けるべき数字

お香典をの金額については、かなり細かいマナーがあります。
日本では昔から縁起にこだわりますので、しきたりが文化として残っているんですね。

以下に、お香典に包む金額で避けるべき数字を紹介します。

「4」と「9」は絶対にダメ

まずお香典に包む金額として、絶対に避けるべき数字を紹介します。
それは「4」と「9」です。

絶対に避けるべき数字
「4」と「9」は絶対にダメ

「4」と「9」は「苦しむ」につながるので、絶対に避けるべきです。
つまり、4千円や4万円、9千円や9万円をお香典に包むのはマナー違反になります。

これはお香典に限らず、ご祝儀などの慶事においても避けるべきとされています。
「4」と「9」を避けるのは、マナーとしては基本中の基本なので、常識として覚えておきましょう

ポイント
慶弔時に包む金額は「4」と「9」はNG!
お香典

中途半端な金額は避けるべき

さらに、お香典に包む金額として、1万5千円2万5千円などの中途半端な金額は避けるべきとされています。

ポイント
中途半端な金額は避けるべき

これは縁起というよりは、どちらかというとビジネスマナー的な意味合いが強いようです。
「なぜ?」とつっこまれると、ちょっと困ってしまうのですが、そういうマナーになっていると考えてください。

お香典に包む金額は、1万円とか3万円などのスッキリした金額にするようにしましょう

お札

連名のお香典は注意

ありがちなのが、連名でお香典を包む場合です。
1人あたり5千円ずつ出し合って、3人で1万5千円、5人で2万5千円となりがちですが、これは失礼に当たります
さきほどお話ししたように、中途半端な金額は避けるべきだからです。

このような場合は、それぞれが1人ずつ5千円のお香典を包んでお渡しするようにしましょう。
なお、当日弔問に行けない場合は、お香典を他の人に託してもらうことは、全く問題ありません。

連名のお香典は失礼

そもそも連名でお香典を出すこと自体が失礼にあたります
個人を偲ぶ気持ちが薄く、「おつきあい」のノリでお通夜に来ているという印象になるからです。

例外的に、会社や部署単位のような形であれば、連名でのお香典はあり得ることではあります。
しかし3〜5人程度の個人単位の場合は、連名でのお香典はNGだと考えておいた方が無難です。

ポイント

  • お香典は個人ごとに包むべき
  • 出席できない場合は誰かに託すようにする
お香典

偶数は避けるべきか?

さて、何事にも縁起を気にする日本人。
この手の話は人生の中で何度か耳にしたことがあるかもしれません。

「お香典で2万円はダメらしいぞ!」

「結婚式で2万円を包むなんて失礼!」

「っていうか、とにかく偶数はNGなんだって!」

なんてよく耳にします。
お香典に限らず、結婚式のご祝儀などでも「偶数はダメ」と言われたことがあるのではないでしょうか?

まず私の判断を先に言いますと、

偶数は避けるべきか?
  • お香典は2万円10万円の場合のみOKと見なされるようになりつつある
  • 結婚式ではとにかく偶数はダメ

というのが、いま現在の実情を踏まえた結論になります。

スポンサードリンク

なぜ偶数を避けるのか?

日本では慶事・弔事にかかわらず、包む金額に偶数を避ける習慣があります。
理由には諸説ありますが、以下の2つが代表的です。

偶数を避ける理由
  • 偶数は「割り切れる」=「別れる」「縁が切れる」につながるから
  • 陰陽道の考えで「奇数は吉」「偶数は凶」だから

「別れる」を連想する偶数は、結婚式においては絶対にNGです。

友人から2万円なんて金額の結婚祝いをもらったら、

こいつ、嫌がらせをしにきたのか!

と思われてしまいます。それこそ友人関係の縁の切れ目ですね。

お香典

お通夜でのお香典で2万円はあり?

基本的にはお通夜でのお香典も偶数は避けるべきとされています。
「故人との縁が切れる」ことを望んでいると思われてしまうからですね。

ただし!

ここからは現在の日本人のお財布事情を忖度(そんたく)する必要があるのです。

アラサーを過ぎたくらいのサラリーマンであれば、こんな場面を経験したことがあるのではないでしょうか?

「自分の立場では1万円では少ないかな?

 でも3万円は多いような気がする…」

これ、すごく共感できるアラサー・サラリーマンあるあるだと思います。

20代前半の後輩が1万円のお香典を包んでいるのに、アラサーの自分も1万円でいいのだろうか?と不安になりますよね。
かと言って3万円も包むほどお財布に余裕はないし、そもそも3万円は身の丈にも合っていない気がするし…

こんなとき

2万円ってすごく便利な金額

なんですよね。

1万円〜3万円というのは、お香典ではいちばんありがちな金額。
だけどマナーに従えば、1万5千円、2万円、2万5千円もダメです。

つまりマナーを守るなら、1万円の次は3万円を選ぶしかないことになってしまいます。

2万円の裏ルール

さすがに「これでは不便だ」と思う人が多かったのでしょう。
現在はすこし風潮が変わってきています。

2万円だけ特別にOKにするという、暗黙の裏ルールが適用されているというのが実情のようです。

ポイント
お通夜のお香典で2万円はあり
お香典 2万円

ついでに、両親へのお香典で10万円というのも、本来は偶数なのですが、「まぁ、いいか」的にOKと見なされるようですね。

なお、お香典で2万円を包む際には注意点があります。
お香典の包み方のマナーについて、次の章でまとめてお話しします。

お通夜でお香典を包む際の注意点

さてここまでのお話で、お通夜でのお香典で包む金額が把握できたと思います。
さいごにお札についての注意点をお話ししましょう。

ピン札は使用しない

お通夜などの弔事にお香典などを包む際は、新札を入れてはいけないことになっています。
新札とは、銀行からおろしてきたばかりの、シワのないお札のこと、いわゆるピン札です。

お香典にピン札を包んで渡すと、

「不幸が起こることを予想して、事前に準備していた」

という意味になってしまうのです。
これは絶対にやってはいけないマナー違反です。

お香典にピン札を使用しないというのは、最低限知っておかなければならない常識として、トップレベルのマナーだと認識してください。

ポイント
お香典にはピン札を使用しない
ATMと一万円札

ピン札を包む場合の作法

そうは言っても、いそいでATMからおろしたから、ピン札しかない場合もありますよね。
そのような場合は、お札を半分に折って折り目をつけましょう

折り目がついた瞬間に、そのお札は新札ではなくなります。

ポイント
新札を包む場合は折り目をつけてから包む

2万円の包み方

さて先ほど物議をかもした2万円問題ですが、包み方においてもマナーがあります。
縁起の悪い偶数である2万円のお香典、なんとか縁起の悪さを少しでも減らそうというお作法があるのです。

2万円奇数化方式???

お香典での2万円の包み方の作法とは

お香典での2万円の包み方
1万円札を1枚、5千円札を2枚包む

という方法です。

1万円札を1枚、5千円札を2枚にすれば、お札の数は3枚なので奇数になるというわけです。
これぞ「2万円奇数化方式」です(注:私がいま勝手に名づけました)。

この「2万円奇数化方式」は、年配の方々に多く見られるマナーです。
が、いま現在の実情から考えると、ちょっと時代遅れに感じられることも否めません。

1万円札を2枚包むのはアリ

いま現在の実情としては、

ポイント
お香典で1万円札を2枚包んでもよい

というのが主流の考え方のようです。
理由としては極めて実務上の問題です。

昔ながらの「2万円奇数化方式」のお香典を渡されると

受付の人の手間がかかって迷惑!

というわけです。

なんとも風情のないことだと思う人もいるかもしれませんし、合理的になって便利な世の中になったと思う人もいるかもしれません。
受付の係は若い人が担当することが多く、「2万円奇数化方式」の由来などを知らない人のほうが多い世の中になってきたんですね。

だから、違う種類のお札が入ったお香典を渡されると

「なんで余計なことをして、こっちの手間を増やすんだよ!」

なんて思われてしまう可能性の方が高いわけです。

だから結論としては、いま現在は「お香典で1万円札を2枚包んでもよい」と考えて問題ないといえるでしょう。

お香典

まとめ

お通夜のお香典をいくら包むかの相場は、ご自身の年代や故人や遺族との関係によって変わります。
気をつけないといけないのは、

お通夜のお香典の注意点
  • 「4」と「9」は絶対にダメ
  • 1万5千円のように中途半端な金額は避ける
  • 偶数は避けるべきだが、2万円と10万円はOK

という3つのポイントです。

そして

ポイント
2万円は1万円札2枚でOK

ということです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です